副業ブログの始め方⭐独自ドメインを取得しよう

ブログ収益化

レンタル・サーバーの契約が済んだら自分だけのドメインを取得しましょう。自分が苦労して書いた記事はドメインパワーという数値化された信頼度に繋がります。

独自ドメインとは?

独自ドメインとはあなたがレジストラ(ドメイン登録認定業者)に登録を依頼しレジストリ(ドメインデータを管理する機関:ICANN)に登録されたドメインのことです。

登録には所有者の住所などの情報が含まれます。

だったらえっ?身元がばれちゃう!って心配しますよね。

でもご安心を!

登録住所はレジストラ(ドメイン登録認定業者のことだったですね)を選択することも出来ます。

moshimo.blogでは認定登録事業者のネットオウル(株)の所在地になっています。

独自ドメインのメリット・デメリット

独自ドメインのメリットはズバリドメインパワーにあります。

ドメインパワー ..?

なに?コレ? ですよね。

ドメインパワーをgoogleがどのように数値化しているか公開されていないので判りませんがgoogleが掲げる10の事実で示された内容に沿って数値が積み上がっていくのだろうとカズは推測しています。

ここからも継続は力なりということが言えますね。

レンタル・サーバー事業者が提供するドメインを利用するとあなたが利用できるのはサブ(ドメイン)の部分ですからあなたがいくら優良記事を書き続けてもあなたの資産にはなりません。

これは大きなデメリットですよね。

借家住まいでいくら家賃を払い続けてもあなたの資産ではないのです。

ですから独自ドメインはメリットが大きいのですが、ドメイン維持費が必要というデメリットもあります。

title :『 【ブログの始め方】②独自ドメインを取得しよう 』画像説明文 :独自ドメインのメリットはズバリドメインパワーにあります。ドメインパワー ..?なに?コレ? ですよね。ドメインパワーをgoogleがどのように数値化しているか公開されていないので判りませんがgoogleが掲げる10の事実で示された内容に沿って数値が積み上がっていくのだろうとカズは推測しています。ここからも継続は力なりということが言えますね。レンタル・サーバー事業者が提供するドメインを利用するとあなたが利用できるのはサブ(ドメイン)の部分ですからあなたがいくら優良記事を書き続けてもあなたの資産にはなりません。これは大きなデメリットですよね。借家住まいでいくら家賃を払い続けてもあなたの資産ではないのです。ですから独自ドメインはメリットが大きいのですが、ドメイン維持費が必要というデメリットもあります。

独自ドメインのデメリットを小さくする

独自ドメインのデメリットをどうすれば小さく出来るか?ということを一緒に考えたいと思います。

レンタル・サーバーを提供している事業者はドメインの登録事業者になっているところとそうでないところがあります。

インターネットは世界どこでも使えるようにインターネットの住所といわれるドメインはICANN( Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)という非営利組織が管理しています。

日本でのICANN認定登録事業者は19社でこれはicann.orgで確認することが出来ます。

スタードメインはNetowl, Incで認定事業者として登録されていますね。

カズがネットオウルをおすすめしている理由の一つです。

そして独自ドメインの維持費が比較的手頃ということも魅力の一つです。

独自ドメインの取得

では独自ドメインをどのように取得するかを見てみます。

独自ドメインの取得の手順は

① トップレベル ドメインの更新費用を調べる
② ドメインが使われているか調べる
③ 独自ドメインを申込む

このような流れになりますね。

では順を追って見てみましょう

① トップレベル ドメインの更新費用

ここでトップレベル ドメインの更新費用としたのはcomやnetなどそれぞれ更新料が異なるからです。

先ず更新料を調べておきましょう。

スタードメインの更新料はスタードメインのサイトから価格一覧を選択することで調べることが出来ます。

ドメインの更新料はレジストラ(ICANN公認ドメイン登録事業者)で異なりますのでそれぞれ調べて見るのもいいですね。

ドメインの更新費用が高い?

moshimoドメインのトップレベル ドメインは「blog」です。

この更新費用は3280円(ポイント付与が656ポイントで実質更新費用は2624円)になります。

一方「com」の更新費用は1500円(ポイント付与300ポイントで実質更新費用は1200円)です。

さて、あなたは「com」を選ぶでしょうか?

それとも「blog」を選ぶでしょうか?

この実質価格差は1424円、1ヶ月当たり120円程の違いです。

これをどのように捉えるか?ですよね。

これはグーグルの検索結果には影響しません。

影響するのは「検索結果を見ている人」のココロかも?

このブログは「もしもブログ」です。

URLはmoshimo.blogです。

そのまんまです。^^;

このようなブログも書いています。

【北海道車中泊】知床〜天に続く道〜道の駅摩周温泉へ

北海道 車中泊⭐知床〜天に続く道〜道の駅摩周温泉へ
北海道車中泊の旅10日目は知床峠から知床五湖、屈斜路湖、摩周湖などを巡ります。一度は行ってみたい知床半島・知床ですが天に続く道や屈斜路湖などもすばらしい眺めでした。 知床峠横断道路 いつものように朝7時過...

② ドメインが使われているか調べる

おおよそのドメイン更新費用が判ったところで、次にドメインが使われているか調べます。

ネットオウルのスタードメインはICANNの認定登録事業者ですのでICANNのデータベースから検索します。

ですからここで検索した内容は正確に現在の登録状況が反映されます。

この内容はレジストラで変わることはありません。

自分が欲しい!と思っても既に登録されたドメインは残念だけど取得できません。

③ 独自ドメインを申込む

ドメインが決まったら申込みをします。

申込みをクリックすると最初に会員登録画面になりますので必要事項を記入して次に進むという流れになります。

ドメインを取得するとそのドメインが利用出来るまでおよそ半日〜1日程の時間がかかります。

これはネームサーバーの更新状況により左右されます。

ネームサーバー(DNS)は自分が取得したドメインをインターネットで使えるようにするための仕組みです。

独自ドメインはネームサーバーでIP(インターネットプロトコル)アドレスで指定されレンタルサーバーがブログ記事を配信することでパソコンやスマホで見ることが出来るようになります。